「自己認識」は、周囲の人の声かけによってつくられる

前編では、他者や自分が属していない集団に対する印象が、いかにさまざまな認知のゆがみ、つまりバイアスの影響を受けているかを教えてもらいました。お話を聞きながら、「まさか、自分に対する認識もかなりゆがんでいるのでは……?」と思ったのですが、他者と自分は違いますし、そんなことはないですよね……?

田中

そう思いたいですよね(笑)。でも、自分で自分を正しくとらえることも、とても難しいと言わざるを得ません。

「自分で自分を認知する」際のプロセスについてお話していきましょう。基本的には、他者をとらえるときと同じで、ある認知の枠組みを通じて自分自身をとらえています。たとえば、「私はまじめな人間だ」と自分をとらえるときには、「まじめ」という認知の枠組みを使っていることになります。

心理学の世界では、自分に対する知識や記憶を「自己スキーマ」と呼んでいて、この自己スキーマが認知の枠組みとして働くことで、自分に関連する情報を理解しているのです。

 

その「自己スキーマ」は、どのようにして形成されていくものなんですか?

田中

これもバイアスと同様、経験や学習を通じて獲得していきます。前編でもお話ししたように、赤ちゃんは自分に対する認知を一切持たない状態で生まれてくる。そして、まず最初に、自分の手の存在を認知すると言われています。

赤ちゃんが不思議そうに自分の手を見つめる仕草を「ハンドリガード」と言いますが、「この手はなぜ動くのだろう」と不思議に思う中で、そこにある自分の意思や自己の概念に気づいていくのです。

その後、さまざまな経験を積む中で「◯◯が好き/嫌い」といった感覚を得て、「◯◯が好き/嫌いな自分」という認知を獲得していくことになります。

 

先ほど例に出していただいた、「まじめ」や、「明るい」「優しい」みたいな自己スキーマも経験によってつくられるのでしょうか?

田中

実は自己スキーマを形成する、もう一つの要素があります。それは、周囲の大人による声かけです。とくに幼少期は、親から与えられる情報への依存度がかなり高いわけですから、親がかける言葉がそのまま自己スキーマになる。

たとえば、自分ではいい点が取れたと思ったテストに対して、「なんで満点じゃないんだ」と言われたり、かけっこの結果に対して「なんで一番じゃないんだ」と責められたりすると、「勉強が苦手」「かけっこが苦手」という自己スキーマが形成され、それが自分に対する信念になってしまうんです。

 

「自己肯定感」の話にもつながりそうなテーマですね。

田中

まさに。自己肯定感って、過去の成功した経験や失敗を乗り越えた経験からつくられていくと思うんですけど、「何をもって成功とするか」は主観的な判断でしかありません。だからこそ、周囲の大人が子どもにどう声をかけるかが重要なのです。

一度「私は◯◯が苦手」という信念を持つと、取り組むことを避けてしまい、その信念はますます強化されてしまいます。また、自己肯定感が低くなってしまうと、何か新しいことにチャレンジするのが難しくなってしまう。バイアスと同じで、持ってしまった自己スキーマを取り払うのはすごく難しいので、子どもにはできるだけポジティブな言葉をかけてあげた方がいいと思いますね。

 

「内省」には限界がある

どのような自己スキーマを持つか、自分をどのように認知するかによって、自分の個性はいかようにもとらえることができる。前編で“「本当の自分らしさ」を「正しく」とらえることは不可能に近い”とおっしゃっていたのは、そういう意味ですか?

田中

そのとおりです。「自分らしさ」とは、結局は主観によって判断されたイメージであり、実体のない“幻”のようなもの。「自分は◯◯だ」と決めつけてしまうこともできますが、それは自分に制約をかけることにもつながります。「自分は多面的な存在である」と認識することの方が重要だと思います。

 

でも、よく就職活動などにおいては、「自己分析をしよう」「内省しよう」って言われるじゃないですか。あれってどうなんですか?

田中

自己分析によって「本当の自分」をとらえるのは難しいと思っています。というのも、私たちはみんな「自分を肯定的に見たい」という欲求を持っているから。自分の見たいようにしか自分を見られないし、理想的な自分を演出するために、無意識のうちに記憶を上書きしてしまったりするんです。

自分にとって重要な情報や自分の信念に合う情報だけを記憶し、そうでない情報は忘れたり、都合がいいように書き換えたりしてしまう。こうした知覚の働きを……。

 

「確証バイアス」と呼ぶ、でしたね。前編にも登場しました。

田中

その通り。実際、「自分に対する認知」と「現実の態度や行動」が乖離することは珍しくありません。いくつか研究事例をご紹介しましょう。

実験に参加したのは、付き合っているカップルたちです。そのうちの半数のカップルに「相手との関係が続いている理由」を分析して書いてもらい、残りの半数には何も依頼しませんでした。

その上で、実験に参加したすべてのカップルに自分たちの関係がどの程度うまくいっているかを評価してもらい、その32〜41週間後に2人の交際がまだ続いているかどうか報告してもらいました。

その結果、理由を分析したカップルは、しなかったカップルに比べて、関係性の評価と実際に交際が続いたかどうかの関連性が低かったのです。「関係性に満足している」と回答していながらすぐに別れていたり、「関係性に満足していない」と回答していながらまだ交際が続いていたり、といった具合に。

この結果からわかるのは、「自分がなぜそう思うのか」と理由を分析することは、必ずしも自分に対する深い理解につながらない、ということです。ここに内省の限界があります。

 

私たちは、自分で思っているよりずっと、自分自身や状況を認知する能力が低いんですね。

田中

そうですね。だから、パートナーに「なんで私と付き合っているの?」「私のどこが好きなの?」と聞くことは、あんまり意味がなかったりするんです。聞いてもあてにならない情報が返ってくるだけですから(笑)。

 

「自分で自分を見ること」は難しい。だからこそ“鏡”が必要

なるほど……(笑)。

田中

また、こんな社会心理学の実験もあります。実験参加者はまず、特定の人種に対して、自分がどの程度差別的な感情を持っていると認知しているか回答します。そして、その人種の方が同じ空間に居たときに実際にどのような態度を取るか、具体的には、座席に座る状況をつくりだし、その方とどのくらい距離を取って座ったかを測定したんです。

すると「私はこの人種に対して差別的感情をまったく持っていません」と答えた人が、実際に「この人種」の方の近くに座らないケースが多く見られたのです。この実験も、自分の認識を正しくとらえることの難しさを示していると思います。

 

それでは、行動に着目すれば「自分」を正しくとらえる?

田中

内省よりは有効な手段だと言えるでしょうね。たとえば、ドラマや映画の中で、登場人物がある人と話しているときに自分の声が妙に甲高くなっていることに気づいて、「私はこの人のことが好きなのかも?」と思う、みたいなシーンがあるじゃないですか。

「本当は自分がどう思っているか」って、どれだけ内省を深めてもなかなかたどりつけない領域なんですよ。振る舞いや態度を観察することで、自分の意外な一面に気づくことがある。

 

でも、自分で自分の行動を見るのって、すごく難しくありませんか?

田中

おっしゃるとおり、自分で自分の振る舞いを客観的に見ることはできません。ダンサーが練習するときに使う鏡のように、自分の行動を写す何かが必要です。たとえば、この取材は録画されていると思いますが、その動画を後から見返すことで、きっと多くの気づきが得られるでしょう。

でも、日常生活において、録音や録画をしたり、鏡を見ながら行動する機会はあまりありませんよね。そこで、友人や同僚、上司などの第三者からフィードバックを得ることが重要になります。「あなたってこういうとこあるよね」とか、「こういうときにこういうことをしがちだよね」と、直接伝えてもらうのです。

 

フィードバックをする方もされる方も、ちょっと勇気がいるような……。

田中

そうですね。とくに経験の浅いうちは、会社の上司や先輩からネガティブなフィードバックを受けると、すごくへこむと思います。それでも、自分で気づけないことは誰かに指摘してもらうしかないし、他者にフィードバックをすることは、自分を見つめ直すきっかけにもなります。

心配しなくても、年をとるとフィードバックを受ける機会はだんだん減ります(笑)。そうした機会があるうちは、自己理解を深めるチャンスとして活用してほしいですね。

 

あえて「その人っぽくない」ことを聞いてみる

前編でお話しいただいたように、他者や自分が属していない集団をとらえるときも、自分自身をとらえるときも、私たちはバイアスの強い影響を受けているわけですね。どうすればバイアスとうまく付き合い、認知に生じる“ゆがみ”を減らせるのでしょうか?

田中

まずは自分の中にあるバイアスの存在を認め、認知のくせに気づくことから始めましょう。「自分にはこういう傾向がある」ということを知っているだけで、バイアスのはたらきを少し抑制することができます。

たとえば人事評価の場面では、本来は仕事のパフォーマンスを基準に評価しなければいけないにもかかわらず、自分のことを慕ってくれる部下をついひいきしたくなるかもしれません。そういうときに、「気をつけないと、相手の態度や相手に対する自分の感情を評価基準に入れてしまう」ということが認識できていれば、注意することができます。

 

そもそもバイアスの存在に気がつかなければ、「自分は正当に部下を評価している」と思い込んだまま、ゆがんだ判断をしてしまいますもんね。

田中

はい。また、なるべく多様な視点で相手をとらえようとする姿勢も重要です。何も意識しないと、自然とバイアスがかかってしまいますし、一つの視点だけでは、その視点から見える「その人らしさ」や「自分らしさ」しか見えてこないので。

 

具体的に、どんなことができるでしょうか?

田中

前編で、「採用面接の場面で確証バイアスがはたらく」というお話をしましたが、あえて相手から感じた印象とは全く別の角度から問いを投げかけることが有効だと思います。たとえば、まじめそうな印象を受けた相手に対して、「最近、ご自身でも『バカだなー』と思うようなことを何かしましたか?」と聞いてみるとかですね。

 

意外な一面が見えてきそうですね。

田中

そうなんです。人間は多面的な存在なので、違う方向から相手を見れば、必ず新しいものが見えてくるはずなんですよ。

オフィスの外で仲間とコミュニケーションをとることは、新たな一面を知ることにもつながります。そういう意味では、職場の飲み会にも大事な役割があると思いますね。そういうことは、なかなか言いづらい時代になっちゃいましたけど。

 

「まだ見ぬ世界」に飛び込んで、新たな視点を養う

自分自身をとらえるときはどうでしょうか? 先ほどは「行動に着目する」というヒントも出てきましたが。

田中

いろんな経験をすることが重要ですね。内省による自己理解には限界があるから、言葉ではなく行動を分析しなくてはいけない。「自分はこんなときに、こんな行動をするんだ」と知るためにたくさんの経験を積む必要があります。

また、自分自身をとらえるときにも「多様な視点でとらえる」ことは重要です。いままでとはまったく別の環境に身を置いたり、「自分には向いていない」と感じることをあえてやってみる。「人とコミュニケーションを取るのが苦手」と感じているんだったら、あえて接客業のアルバイトをしてみるとかですね。

 

新たな世界に身を置くことで、自分の中の新たな一面が見えてくると。

田中

そうですね。「環境」がカギを握っていると思います。「こういうことをやりたい」「こういう自分になりたい」と心の中で思うことを「内発的動機づけ」と言ったりするんですが、内発的動機だけでは人はなかなか変わりません。自己スキーマや自分に対する信念も維持され続けます。

たしかに、「正しく自分をとらえること」はとても難しい。一方で、私たちは「自分」を更新し続けることはできるわけです。世の中に対する偏見を抱いてしまうこともあるかもしれませんし、「こんな自分が嫌いだ」と悩むこともあるかもしれません。でも、その認識はさまざまなバイアスがつくり出したもの。

いまいる環境から飛び出して、新たな視点を獲得することによって、世界や自分に対する認識は変わっていくんです。だから、いま見えているものがすべてだと思い込まず、どんどん新しい環境に飛び込んで欲しいと思います。そこでの体験が、きっとその人の信念を更新してくれるはずです。

 

[取材]鷲尾 諒太郎 [撮影]須古 恵 [編集]小池 真幸